小説の森

無料で読める小説サイト

自作3.「その科学は魔法をも凌駕する。」

f:id:dkanbe0715:20170918115100j:plain

 

level.3

 

「加速システムが異常過ぎる、磁場の強さが地球とは違うのか」


 その磁場に対する反発力を利用した加速システム。
 ここが地球ではないとしてここまでの速度が出るものだろうかと疑問は拭えない。
 真が加速システムを起動してからコンマ数秒で百メートルは移動している。何なら刃を合わせたというより今のはたまたま標的に当たったというレベルだった。

 おまけに収束させた筈の炭素収束刀まで消えてしまっている。あまりに高速で瞬時に移動した為戦闘範囲バトルフィールドの元素捕捉追尾が追い付かなかったのだろう。

「これは……設定を変えないとか」


 だが今は悠長にデバイスを弄っている暇は無い。
 速度は慣れ、収束させた炭素収束刀が範囲外で消えてしまうとは言え一回ずつ収束させ直せばいいと真は考え、化物の群を振り返ると、再び元素の収束と加速システムによる戦闘を繰り返したのだった。




「……あ、ぅ」

 少女は目の前で起こる事態に何かを言おうとしていたが、再び瞬時に消える真と刹那に切り刻まれその身を地に沈める化物達を前に声も出せないでいた。




 村を襲った化物の軍勢はものの数十秒で全滅した。
 散らばる残骸とその体液と思われる根岸色の池の中央で真は携帯端末バイスを弄る。

 異常な加速システムの速度に対応し、何とか現状の危機を回避したとはいえこのままでは使い物にならない。
 何せ異常スピードに自由に体勢を合わせる事も難しく、収束させた元素も消えてしまうのだ、これが対アンドロイドキルラーであったなら危ない所だった。

 ここが戦闘など必要の無い国、時代ならまだしも先程の様な生物が存在している以上、加速システムの設定変更は今後の真にとって必須とも言えるだろう。


 加速システムは現在地球上磁場の平均Gbのおよそ2倍を想定して反発応力が発生するするように設定されている。
 設定変更可能領域は1から2.5倍までが限度だが、あの速さは恐らく地球上で使用した時の4倍以上は出ていると真は踏んで1.5倍と設定を変更した。

 試しにその設定で加速システムを起動させるとそれでも少し速い気はするが、先程までの極端な動きに比べ体勢も十分に反応出来た。
 そんな動きの練習を真は一人化物の残骸が散らばる中で繰り広げていたのだ。


「……あ、あ、の」

「ん?」


 静けさを取り戻した集落の端で、僅かに耳に入ってくる声に真はふと我に返った。
 化物の軍勢に対峙していた一人の少女、真はその存在をすっかり忘れデバイス操作に没頭していたのだ。

 迂闊だった、ここが何処か、時代も分からないのに自らの情報を外部に漏らしてしまった事。
 いくら目の前に生物兵器に並ぶ化物がいたとはいえ早計な行動だったかもしれないと真は後悔していた。


「あなたは……一体」


 その質問に疑問を覚える真。
 何故か、それは目の前にいる少女の髪色が染色によるものには見えない程の青色で尚且つ日本人離れした顔立ちにも拘わらず日本語を話したからだ。

 デバイスに翻訳機能等無いはずだった。
 だからと言って真自身、外国語に脳内変換が必要無いほど通じてはいない。

 ならば一体ここは何処なのかと。

 言語からして日本は間違いないと仮定する、だがしかしここは集落のようだ。
 数十年前の田舎の外れかとも考えたが、真にとって一番大事なのは時代である。

 国は何処だろうと跨げば問題はないが、歴史を変えるにあたってあまりに過去に戻りすぎても時間がかかりすぎる。
 理想はある程度の科学が発展した辺りなのだ。

 だがこんな奇怪な生物が剣を持ち、隊を成している時点でどう考えても地球ではあり得なかった。

「――今何年か、分かるか」
「へっ?」


 あまりに突拍子も無い言葉に気の抜けた声をだす少女。
 だが真は自分の言葉も相手に通じるのかを確かめる意味をその言葉に含めていた。

「え、えと……ルダーナ歴の、五年だったと思います」



 西暦でもなく元号、世界に存在する元号を全て知っている訳ではない真だが言葉が通じる事、化物の存在、そして暦。
 この全てを合わせ鑑みるにここが確実に地球上では存在し得ない場所だと理解するしかなかった。
 他の星でたまたま言語が同じだったのか、はたまた地球の日本であり、パラレルワールドか。
 様々な考えが脳裏を過る。

 が、そこでふとフォースハッカーの中でオカルト好きのメンバーの一人がよく言っていた言葉を思い出していた。


 ――異世界。
 時空転移装置のプログラムが完成した時、そのメンバーの一人はこれを使えば異世界も夢じゃない、剣と魔法の世界だとはしゃいでいた。
 周りのメンバーはこんな時にとその話を一蹴したが、よく考えれば時空転移装置もこの元素収束のイメージ構図の発案もそのオカルトメンバーが第一人者だったのだ。


 宇宙は情報の塊であり、全ての星の一時一刻を全て記録し宇宙速で膨張し続けている。つまりその方向性を把握し、それと逆行し宇宙速を超える速度を以って移動する事で時間転移が可能になるという事らしい。
 だがそれには粒子分解転移装置が前提として必要だった為、それを奪って今真は此処に存在する事になった。

 こうなるとあのメンバーが意図的にプログラムをこう言う風に作成したとすら思えてしまう。
 もしくはあのデスデバッカーの開発した転移装置自体がまだ未完成であったか、考えればその原因の追究は真の知識では無理があった。

 真はフォースハッカーの中で開発された装置を用いアンドロイドキルラーに対抗する為の戦闘要員である、科学知識やプログラミング知識は他のフォースハッカーのメンバーに遠く及ばないのだ。



「あの、もしかして貴方はギルドの依頼を見て来てくださったのですか!?」


「ギルド……?」


 考え事をしていた真に放たれる聞き覚えの無い単語、ギルドと言う限り何かの組合なのだろうと見当はつくがその依頼とは何か。
 真は何が何やらと言った様子で少女の輝きに満ちたその淡い青色の瞳を見つめていた。

 

 level.4へ

 

スタイリッシュ武器屋

 

「スタイリッシュ武器屋」の画像検索結果

あらすじ

ひのきの棒しか売らない最強の武器商人、伊藤。
彼のもとには日々、迷える冒険者たちが立ち寄る。

 

 

ncode.syosetu.com

自作2.「その科学は魔法をも凌駕する。」

f:id:dkanbe0715:20170918115100j:plain

level.2


「早くっ!皆、逃げて!」
「ルナっ!」

「……大丈夫よ、お母さん。安心して、この村は私が守って見せる……私は、魔導士なんだから」

「マーゼよ……ここはルナだけが頼りなんじゃ……理解してくれ」

 ルナ=ランフォートは村中の皆を村はずれの丘上に避難させると、自らはその丘への道を塞ぐように立ち止まった。

 だがルナの母マーゼは自分の娘がいくら類い稀なる魔導士だったからといって自らその矢面に立とうとする娘の後ろ姿を見てそれを止めさせたい気持ちは隠せないのだ。
 しかし村長とて村の民を守る義務がある、昔から続く生け贄の儀。


 十数年に一度、この村にはギルド員ですら手を焼くであろうブルーオーガがやって来て村を襲っていた。
 その度にこの村では一人の娘を献上する事で存続するというような状態が続いていたのだった。

 だがしかし、今回ばかりは事情が異なっていた。
 世界でも類い稀なる魔力を自在に操る事が出来る人間、魔導士がこの村に生まれた事である。


 そもそも魔力とはこの世界に無数存在するエネルギーであるが、それは時に結晶と化し、人間はその結晶を使い文化を発展させてきた。
 それは時に料理を作る際の火として、生物が生きる為の飲み水として、また時には物を動かす動力として、また獣を狩る武器として……無くてはならない物であった。

 だがそれは全て自然に作られた魔力の結晶を利用し得られる物であり力である。
 対してその魔力と言うエネルギーを体内に取り込み自在に操る事が可能な種族も存在する。
 例えばエルフと言われる種族、人間以外にも多々種族は存在したがそれが可能なのはその種族だけと言われ世界ではそんな力を使えるエルフはとても貴重な存在だった。

 そして稀にそんなエルフと同様な力を持つ人間がいた、それを人は魔導士と呼んで敬った。


 ルナはそんな類い稀なる力を持つ魔導士の一人として幼い頃からその才能を発揮した。

 村中は歓喜した、そんな人間がこんな辺鄙な場所に生まれた事自体とても名誉であり、同時にこれ以上あの儀をしなくて済むと。


 そしてルナが齢17になるそんな時、この村をブルーオーガが襲った。だが村長はルナがいればあの化け物も敵ではないと考えていた。

 全てをその少女に託した。

 少女もその気になっていたのだ。自分が皆を、村を守れる、敬われるべき特別な存在なのだと。



 村を襲うブルーオーガの群れを見るまでは……



「……そん、な……こんなに……一匹じゃ……なかったの」


 例年村を襲うブルーオーガは一頭だけであった。
 だが丘に村人達を逃がした後、ルナの眼前に飛び込んできたのは異様な程に淀んだオーラを纏い、青黒く強靭な体躯の化け物の群れであったのだ。
 その数は優に十を上回る。
 ブルーオーガ一頭ですら腕に自信のあるギルド員が数人で相手になるレベルだといわれている。
 いくら世界に有数の魔導士とはいえ、実戦経験にも乏しい17の少女が一人でどうにかなる範疇を超えていた。


 丘の上に逃げた村の民もそれを眺め途方に暮れる。
 腹を痛めて産んだ娘を置き去りにしてしまった母マーゼも泣き崩れ、だが同時に自分だけ生き長らえる事が無いのだという事を理解し安堵していた。

 もしかしたらルナならば、という希望とこの村はもうダメかもしれないと絶望が皆の心を支配した。


「っく……大丈夫……私は、魔導士……お願い、魔力マナよ力を貸して!水の光矢ウォーターレイっ」


 それでもルナは諦めてはいない。
 自ら操れる水の魔力、その最大を以ってブルーオーガの軍勢に放った。

 ブルーオーガ達の頭上に水の矢が幾千本も降り注ぎ、その光景は圧巻だ。
 丘の上でその戦場を見守る民もそんな魔力に見惚れ、同時に魔導士の力を改めて脅威だと感じていた。


「……そ、んな」

 だが魔力の奔流が止んだ頃、そこにあったのは水の矢に切り刻まれた標的ではなく、何事も無かったように此方へ侵攻を進めようとするブルーオーガの集団であった。

 腕利きの、実戦経験に長けたギルド員の中でも一部にしか知られていない事だがブルーオーガは火や水の魔力に耐性を持っている。

 だがそんな事を辺境の村で育ったギルド員でもない齢17の少女が知る由もない。
 ルナは自らが放った全力の魔力がそのブルーオーガ達には何の効果も無いという事態に他の魔力を放つ事すら頭から抜け落ちていた。
 というより自らの魔力を大量に一度に消費した為、体が思うように動かなかったのだ。


 ブルーオーガ達の鼓舞にも思える叫びがルナを絶望の淵へと誘った。







◆ 








「……おいおい」


 目の前に存在する光景に嘘だろと、内心動揺する真。
 何処の国に来たのか、何時の時代なのかと思考を巡らせながら声の聞こえる所に来て視界に入るは青黒い体の大群。

 鬼とは違うがそう思えたのは目の前のその生物の異様さからだろう。
 腰に鎖帷子の様な物を巻き付け、強靭そうなその手には太剣を持ち青黒い肌色と大木の幹と見間違う程のその体躯は正常な人間が見ればそれだけで卒倒する外見だった。


 真はそんな化物を前に、過去の生物兵器バイオメタトロンを脳裏に思い起こしていた。
 だがその軍勢の先、林の奥に続く道を阻むように立ちふさがる少女が一人その化物と対峙するのを見てこれが危険な状態だという事を瞬時に理解する。

 真は咄嗟に手にデバイスを持っている事を思いだし反射的にそれを起動させた。

「端末起動、戦闘状態・展開」

 これでも真はアンドロイドキルラーに生身で立ち向かえる程の訓練と素質を持った数少ないフォースハッカーの戦闘要員であった。 
 政府が一時期アンドロイドキルラーに対抗するべく秘密裏に進めていた研究成果である生物兵器バイオメタトロンすらも相手にならなかったアンドロイドキルラーとどれだけの攻防戦を繰り返してきたか分からない。

 ただ分かるのは目の前にいる化物は真にとってただ馬鹿デカイだけの生物である事に違いはないという事だ。


 戦闘状態から存在元素を瞬時にデバイスが捕捉する。

 元素一覧……N、H、O、C、Arと見慣れた元素が並ぶ。
 そして、unknown1、unknown2、unknown……と端末がいくつも同じ文字列を並べフリーズした様な状態となった事に真は少しの焦りを感じていた。


「何だこれは」

 今まで数年荒廃した日本でこの携帯端末デバイスを使い戦場を潜り抜けてきたがこんな事は初めてだった。
 無理な時空転移でコンピューターがイカれたか、そう思ったが悠長にそんな事を考えている余裕は無さそうだった。

 気付けば眼前に迫る青黒い化物、その半数が真に気付き咆哮した。

 反射的に幾度となく繰り返してきた操作を素早く行う。
 元素番号6、濃度の高い内で一番強固、そして一番素早く収束するCをいつも通りに選択。

「粒子結合……安定、炭素収束刀」


 真は収束した黒い刃を構え、加速システムを起動させた。
 直後、真の姿はそこから消え失せ再び現れた時には先程化物の軍勢と対峙していた少女の下にいた。
 真と少女、その二人を繋ぐ直線上にいた軍勢はその身を縦割りに二分されその場に崩れ落ちる。
 わずかコンマ数秒の出来事、その間に青黒い軍勢は半数にまでその数を減少させられていた。


「どうなってる……加速システムがおかしい」

 真はそんな化物を切り飛ばした事よりも加速システムの異常に疑問を抱かざるを得ないでいた。


level.3へ
shinbuhiro.hatenadiary.com

自作1「その科学は魔法をも凌駕する。」

f:id:dkanbe0715:20170918114731j:plainLevel.1



 端末起動からモードを戦闘状態へ展開。
 携帯端末(デバイス)から捕捉元素を識別、一覧を確認。

 N、C、H、O……と幾種類もの元素記号がディスプレイに並ぶ。
 その中からいつも通りに元素Cを選択。





「粒子結合、安定……炭素収束刀」


 炭素原子を一気に収束させ、それを予め組み込んである構図通りに形成させる。
 手の内にはまるで最初からそこにあったかのように黒々しく、流曲した日本刀が存在を現していた。


「……加速システム」

 履いている灰色の合金製ブーツへデバイスから反磁力発生を指示し、真の体は一気に前進した。

 眼前に阻む防衛システムコンピューターは通称アンドロイドキルラー。
 対戦闘用に特化された外観はまるで大昔のアニメに出てくる機動戦士、その装甲はタングステンカーバイド製の超合金殺戮機械である。

「……っ、ジョイントすらこの固さかよ」


 アンドロイドキルラーの装甲が超合金とは言えその接続部分は可動域、ならばそこまでの硬度は無いだろうと踏んでいたのだが、どうやら見込みが甘かった様であった。


 さすがに最深部の超重要施設だけあり設備費用には莫大な投資がされている。
 磁力反発による加速とカーボナイズドエッヂによる切削を最後の防壁であるアンドロイドキルラーの装甲はものともしなかった。


「その首ごと切り落としてやる……出力強化、戦闘状態・拡張」


 真はアンドロイドキルラーから一端距離を取り、デバイス音声認識と手動操作により次なる手段へ出た。
 だがその間にもアンドロイドキルラーは標的と見なした対象目掛け拡散波動放電をその腕から撃ち放つ。


「収束安定、高炭素収束刀!」


 ギリギリの所でデバイスが拡張されたバトルフィールドからCを追加捕捉し、今度は透き通る刀を掌に出現させていた。
 浴びせられる拡散波動放電をダイヤモンドエッヂで切り捨て、そのまま加速システムでアンドロイドキルラーに肉薄する。


「邪魔だぁ!」


 刹那、アンドロイドキルラーの頭部らしきそれは滑り落ちる様に切り落とされ僅かな放電を見せながら本体もろともその場に倒れ込んだ。

続きを読む

転生したらスライムだった件


f:id:dkanbe0715:20170917115042j:image
 

あらすじ

 

突然路上で通り魔に刺されて死んでしまった、37歳のナイスガイ。意識が戻って自分の身体を確かめたら、スライムになっていた! え?…え?何でスライムなんだよ!!!などと言いながらも、日々を楽しくスライムライフ。 出来る事も増えて、下僕も増えて。ゆくゆくは魔王でも目指しちゃおうかな?

 

転生したらスライムだった件

甘く優しい世界で生きるには


f:id:dkanbe0715:20170917124030j:image
 

あらすじ

 勇者や聖女、魔王や魔獣、スキルや魔法が存在する王道ファンタジーな世界に、【炎槍の勇者の孫】、【雷槍の勇者の息子】、【聖女の息子】、【公爵家継嗣】、【王太子の幼馴染】、【第三王女の婚約者】という大層な肩書きを持って生まれた主人公、ドイル・フォン・アギニス(十五歳)。彼は、肩書きに見合うハイレベルなスペックを持って生まれた。そして、そんな人生勝ち組な主人公は両親に溺愛されて育った結果、王道悪役な貴族の馬鹿息子街道をまっしぐら!  そんな、王道では当馬役にされがちなポジションである主人公は、一週間高熱にうなされた結果、あざとく計算高かった記憶を思い出す。  そして、決意する。 己が失いかけている肩書きを取り戻し、こんな(馬鹿息子)でも愛してくれた人々の為に、真っ当な道を歩ける人間になろうと。

 

ncode.syosetu.com

盾の勇者の成り上がり


f:id:dkanbe0715:20170917114809j:image
 

あらすじ

 

盾の勇者として異世界に召還された岩谷尚文。冒険三日目にして仲間に裏切られ、信頼と金銭を一度に失ってしまう。他者を信じられなくなった尚文が取った行動は……。

 

盾の勇者の成り上がり